おしらせ

5月12日日

親子で通う幼稚園♪「がたんごとん♪」、あかちゃんとあそぶ♡「ぽぽんぴ ぽんぽん」もはじまりました。まだまだ参加者募集中です!まずは体験参加から!

 

お問合わせ

活動内容やイベントのことなど、お気軽にご連絡ください。

代表の今村です。一緒に「ねこのくにのおきゃくさま」を楽しみませんか?

TEL       080-6358-9918

 ※電話でのご連絡は、

 9:00~20:00  

 の時間でお願いします。

 (代表:今村)

 

メールでのお問い合わせは、

こちらからどうぞ!

 

Facebookのページはこちら

見えているもの

我が家の愛猫「ぴんぽん」

 

その名前にちなんで、ではないけれども

ぴんちゃんの目はピンポン玉ならぬビー玉のようだ。

 

その目で、じっと見つめられると

我が家の誰もが

それこそ『猫なで声』で

「ぴんちゃ~ん、な~に?どうちたの~?」と

なでなでしてあげずにはいられない可愛さ(親バカ・飼い主バカです)

なのだが、

 

ぴんちゃんはこのまんまるお目めで

時々、部屋のあらぬ方向をじっと見つめていらっしゃることがある。

 

もちろん、小さな虫を追っていたり、風に揺れるカーテンを

興味津々に見つめていることもあるのだけれど

 

何もないところ

少なくとも私たちには何も見えない1点を

じっと凝視していることがあり、

 

「何?何が見えてるの?」と

ちょっと怖い。

 

そんな話をしていたら、

夫がぽつり

 

「そういえば、子どもたちも

赤ちゃんの頃、何もないところを

じっと見つめてたよね」

 

そう、そう!

そうだった。

 

あれ?

もしかして

 

猫や赤ん坊が

見えないものを『見ている』のでなく、

 

私たち大人が

本当は見えるはずのものが『見えなくなってしまった』だけ?

 

う~ん、どっちも

ちょっと怖いね。

 

(いーちゃん)