おしらせ

5月12日日

親子で通う幼稚園♪「がたんごとん♪」、あかちゃんとあそぶ♡「ぽぽんぴ ぽんぽん」もはじまりました。まだまだ参加者募集中です!まずは体験参加から!

 

お問合わせ

活動内容やイベントのことなど、お気軽にご連絡ください。

代表の今村です。一緒に「ねこのくにのおきゃくさま」を楽しみませんか?

TEL       080-6358-9918

 ※電話でのご連絡は、

 9:00~20:00  

 の時間でお願いします。

 (代表:今村)

 

メールでのお問い合わせは、

こちらからどうぞ!

 

Facebookのページはこちら

私たちが目指すもの

kk
kk

昨夜、えみちゃんとプライベートで

ある『お話』を聞く会に参加しました。

 

福井県内のいろいろな活動をしている女の人たち

平均年齢たぶん50~60代、20人くらいが

集まっていました。

 

とっても、久しぶりに

若手な私たち。 ちょっと恥ずかしいけど嬉しい。

 

その席で、会の主題とは

直接関係はなかったのだけど、

勇気を出して、「プーサになってください」と

チラシを配りながら、

告知させてもらう時間をもらいました。

 

「私たちは、子ども劇場を卒業した、普通のお母さんたち6人でやっている、

小さな、小さな会です。

でも、肩書もない普通のお母さんたちだからこそ、

普通のお母さんたちが、自分の周りの子どもたちのために

こんな活動をしてみようと思い続けられる福井であることを心から願っています。

だから、どうぞ、私たちの会の活動を応援する『プーサ』に

なってください」そんなようなことを、必死で言い終えたら

 

参加の貫禄のお姉さまたちの

何人かから

「懐かしい、私たちも、子ども劇場にいたのよ」

と声がかかりました。

 

そして、そのうちのおひとりで

今はある市の市会議員さんのお姉さまが

「私は、子ども劇場の創始のメンバーだったの。

熱い思いで子ども劇場を立ち上げたけど、

その頃、いっつもみんなで言ってたのは、

『子ども劇場なんて、なくてもいい世の中になること、

子ども劇場みたいな場所が当たり前な

世の中になることが、私たちの究極の目標だね』って

言ってたのよ」と言われました。

 

私は、今もそうです。

 

このところ、子どもいきいきでの活動を知って

「子どもいきいきの、皆さんのパワーに脱帽!」というような

応援の声をかけてくださる方も少しずつ増えてきました。

 

本当にうれしいですし、

そういう私自身も、他のメンバーを見ていて

なんてパワフル(笑)と

びっくりしています。

 

でも、私の、

そしてきっと

いきいきの代表で、親友のあんこも、仲間たちも。

 

「『子どもいきいき』がなくても

子どもたちに、こんな楽しい時間が当たり前にあったら、

子どもたちの周りに、子どもたちの幸せな未来を一生懸命考えていて

しかも、なんだか、おせっかいな大人がいつもいっぱいいたら…

そっちの方が、もっと、も~っとうれしい!」と

 

そう思っています。

そう思っているはずです。

 

だから、今日も「子どもいきいきプロジェクト」で

頑張っているんだと、そんなことを夕べは考えながら

お家に帰りました。

 

いーちゃん