おしらせ

5月12日日

親子で通う幼稚園♪「がたんごとん♪」、あかちゃんとあそぶ♡「ぽぽんぴ ぽんぽん」もはじまりました。まだまだ参加者募集中です!まずは体験参加から!

 

お問合わせ

活動内容やイベントのことなど、お気軽にご連絡ください。

代表の今村です。一緒に「ねこのくにのおきゃくさま」を楽しみませんか?

TEL       080-6358-9918

 ※電話でのご連絡は、

 9:00~20:00  

 の時間でお願いします。

 (代表:今村)

 

メールでのお問い合わせは、

こちらからどうぞ!

 

Facebookのページはこちら

「ねこのくに」って・・・

12月に予定しているオペラ「ねこのくにのおきゃくさま」

また、あのこんにゃく座サウンドに会えると思うだけで

ワクワクだ。

 

原作は、知る人ぞ知るの人気絵本

スリランカ出身のシビル・ウェッタシンハによる同名絵本だ。

 

私も、小学校の読み聞かせに行っていた頃

よく読んだが、ユーモア溢れる絵とお話は

どの年代の子どもたちにも人気だった。

 

が、しかし・・・

絵本には働き者のネコの国には

歌も踊りもなかったとあるが・・・

 

ふと我が家の愛猫「ぴんぽん(9歳)」のことを

考えてみる。

 

我が家のぴんぽん様の毎日は

食べて、寝て、排泄して、寝て、遊んで、寝て。

甘えたいときだけ甘えて、また寝る。

 

とても、働き者には見えない。

『能ある鷹は爪を隠す』というが、

うちの猫は爪だけは熱心に研いでいらっしゃるが、

その能は隠しているとしたら、隠しすぎだ。

 

もし、みんながうちの猫のような勝手な怠け者の

集合体であったならば

果たして国家など成り立つのか???

 

そんなことを考えながら

ふと気がつくと

午前中はいつも寝ているぴんぽんが

パソコンに向かう私の横で今日ものんきに

寝ていらっしゃる。

 

そう、私の大好きな、まんまる猫饅頭型で!

 

私は、この形で寝ているぴんぽんを見ると

ここに顔を埋めてグリグリせずにいられない!

「だって、ふわふわ、ぬくぬくなんだもん!」

 

かくして、今日ももちろん、顔をムギューっと埋める!

 

すると、心地よい眠りを邪魔されたぴんぽん様は

じろりと私を睨み、とても不機嫌に立ち去って行く。

 

「人間だって、充分勝手な生き物よね~」

 

たぶん、そう言っている。

 

(いーちゃん)